ニュースを読み解く

20代・30代・40代の皆さん、老後に住みやすい街はどこだと思いますか?

 

 

20〜40代の現役世代の皆さん、老後に住む場所はどこにしたいですか?また、住みやすい街はどこだと思いますか?これまでに現役世代の早いうちから老後の生活に備えて老後資産形成することの必要性について機会あるごとにお伝えしてきました。ただ、これは長期間にわたるものですから、できれば老後の具体的なイメージをいつもとは言いませんが、たまには考えたいもの。そこで今回は老後の住まいについてお話していきます。

 

NewsPicks編集部の記事によると

65-74歳の増える街
2040年、あなたはどこに住むべきか?

2016/2/11

高齢化の進む地方。しかし、65〜74歳の高齢者は大幅に減る都道府県と、逆に増える都道府県があります。「30年後はどこに住むか?」を考えるのも30年後に備えた資産運用を考える場合には大切なことではないでしょうか。

先日出張で松山に行ってきました。1泊2日だったのですが、抱えている原稿の締切もあって、ホテルに籠ることが多く、残念ながら観光があまりできませんでした。

ところで、このところ地方の都市に出張に行くといつも聞かされることがあります。「この街は高齢化がずいぶん進んでるんですよ」。

一般論としては、『高齢化は困る』ということでしょう。しかし、金融ビジネスで考えてみると、「それじゃもっと若い方々に投資を考えてもらうようにしましょうよ」と提案すると、「若い人はなかなか投資ができなくて、やっぱり高齢者がお金持っているんですよ」と答えが返ってきます。

いったいどっちが本当の言葉なんでしょう。「高齢者」、この言葉は“地方のお荷物”ではあるが“お金を持っている”ということなのでしょう。

高齢者が増える都道府県

ある金融機関に高齢者と金融ビジネスについて話をしてほしいと頼まれた折に、この2つの高齢者に対する見方をどう考えたらいいかを少しまとめることにしました。

高齢者といっても、使うときに定義が少し違っているのではないでしょうか。高齢化率を計算するときには65歳以上を使います。65歳以上人口が全人口に占める比率、これが高齢化率です。

全文を読む

 

[コメント]

時間のある時に65歳以降の老後どこに住みたいかを考えてみるというのも良いかもしれません。

各都道府県の人口動態のみならず、地方創生などで先々どの程度住みやすい(あるいは住みづらい)環境となっているか、家族構成や資産状況等々色々とイメージを膨らませた上で決めることですから。

もちろんそうしたものは抜きにここしかないと決めている方はそれはそれで良いと思いますけどね。

一先ず現状考えられる年金受給額から割り出してたとえば60歳までに5000万円程度自力で老後資産形成(※)できれば、都市圏に住むのも、地方移住するのもある程度困らないくらいの資金といえるかと思います。先立つものがないといざという時に思い通りにはなかなかできないですから。

※ 20代・30代・40代のための老後資産形成講座【まとめ】を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!