ニュースを読み解く

【資産形成】NISA(ニーサ)がこのままではダメな理由

 

 

皆さんはNISA(ニーサ)をご存知ですか?NISA(ニーサ)口座をお持ちですか?NISA(ニーサ)口座を利用していますか?最初の質問でNISA(ニーサ)を知らないと答える方は少なくなってきました。ただ、口座を保有している方、実際に利用している方は順に大きく減っていきます。2016年に制度変更が行われましたが、まだNISA(ニーサ)は制度として十分ではありません。今回は「NISA(ニーサ)がこのままではダメな理由」と題してNISA(ニーサ)の今後について考えてみましょう。

 

NewsPicks編集部の記事によると

生涯拠出上限の導入で一気に恒久化
個人の資産形成のためには、NISAの改良が不可欠だ

2016/2/25

金融市場の波乱で投資を断念した人は多いのだろうか。フィデリティ退職・投資教育研究所が行ってきたアンケート結果では、相場の上昇につれて「投資をしている」と回答する人が減っていました。もしかすると相場水準が下がれば、「投資をする」人が増えているのではないかとも期待をしています。しかし、本当に大切なのは相場つきで投資をする人が増えるか増えないかよりは、どんな変動のもとでも着実に資産形成をする人が増える仕組みが必要だと思います。その最たるものが、NISAでその恒久化はこうしたときだからこそ、実現に向けて大きく動き出すべきだと思います。

2月13日は語呂合わせで、NISA(ニイサ)の日でした。金融関係者主催のセミナーが各地で開催されたことと思いますが、私も金融庁が後援する、東京でのセミナーを聴講しました。

株式市場は大荒れで、翌週の月曜日にこそ日経平均は1000円以上上昇して16000円台を回復しましたが、セミナー当日は厳しい状況でした。円高は進むし、日銀のマイナス金利導入実施も直後に控えており、ある意味で現在の金融環境の「霧ヶ峰」で開催されたセミナーだったのかもしれません。

NISAの恒久化を

私のような業界人が散見される中、初心者向けだったこともあり、若い人たちも参加していました。彼らがNISAをどう使おうとしているのか本当に興味のあるところです。

昨年12月末でNISAの口座数は987万口座に達し、現状では1000万口座に達しているだろうと思いますが、しかしその過半数は60歳以上です。そのため、若い世代の利用拡大が叫ばれており、今年スタートするジュニアNISAもその一環として注目されています。

しかし、さらに利用者が増えていくためには、NISAの制度設計自体をより使い勝手のいいものに変えていく必要があります。

その中でも重要なのは、「5年の非課税期間」の恒久化と、スタートから10年後の2023年に制度が終了してしまう、「10年の制度設計期間」の恒久化でしょう。そのセミナーの中でも、NISAの恒久化への要望が登壇者からも出されていました。

ところで、相場が急落するといつも検討されるのが、「個人投資家の市場参入を促す施策」です。こういう時に限って……。本当に失礼な話だと思いますが、これを逆手にとってNISAの恒久化を進めるチャンスかもしれません。

本文を読む

 

[コメント]

現行のNISA(ニーサ)は制度としてはまだまだ改善の余地が大きいですね。

貯蓄から投資への流れをつくっていくためにも、「5年の非課税期間」と「10年の制度設計期間」両者ともに恒久化するべきですし、マイナンバー制度(※1)が導入されたわけですから年間拠出上限だけでなく累計拠出上限の設定も必須だと思います。

それと「金持ち優遇」の批判は一部であるでしょうが、制度設計を大幅に改善することを優先させるのであれば、現行の年間拠出上限額120万円というのは低額に過ぎるでしょう。

ただ、この年間拠出上限額120万円というのも昨年までは100万円でしたし、ジュニアNISA(※2)の新設も今年からの開始ですから、漸進的ではあっても改善はされてきているので、今後に期待したいところです。

※1 【特集】2016年から変わる投資の税金を参照のこと。

※2 2016年からのNISA(ニーサ)については2016年、NISAはこう変わる!〜ジュニアNISAいよいよ開始〜を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

資産形成講座
資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第86回 02月24日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第87回 03月10日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第88回 03月17日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
投資入門セミナー情報

 

投資入門セミナーの近日開催日程

第79回 02月24日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第80回 03月10日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第81回 03月17日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

生命保険セミナー情報

 

生命保険セミナーの近日開催日程

第03回 03月03日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

生命保険セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナー

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの近日開催日程

第02回 03月03日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの詳細・申し込み

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!