ニュースを読み解く

【2016年開始】ジュニアNISAのメリットとデメリット

 

 

金融庁の肝いりで今年(2016年)から制度開始となったジュニアNISA。既に1月から申込み受付開始となっていますが、いよいよ4月より投資可能となります。基本的には通常のNISA(ニーサ)と同様ですが、非課税投資枠や払い出し制限等で異なる部分もあります。そこで今回は改めてこのジュニアNISAのメリットとデメリットについて解説していきます。

 

投信1(トウシンワン)の記事によると

いよいよ始まるジュニアNISAとは―じっくり研究するための記事4選

2016年02月26日

キュレーターから読者に伝えたいポイント

2014年に始まったNISA(少額投資非課税制度)に続き、2016年からジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)が開始されます。既に口座開設手続きはできますが、実際に取引可能となるのは4月からです。

まだ時間は十分にありますので、大切なお子様(あるいはお孫様)のために、じっくりと研究したいものです。

ジュニアNISAを活用する心構えを理解する

ジュニアNISAは、「子供のための運用のタイムカプセル」のようなイメージ、とのことです。この記事を読むと、子を持つ親として最適な資産活用方法が理解できます。特に、「ジュニアNISAがあれば、生命保険会社の学資保険を使うことはますます非合理的」という指摘が興味深い点です。

ジュニアNISAの最適運用法を考える

出所:楽天証券

「投資」と考えるのではなく、「非課税対策」の1つとして考えてみる

株式、ETF、株式投資信託などに投資すると、配当金、普通分配金、売却益に対して通常20%の税金が課税されますが、NISAやジュニアNISAを活用すれば非課税になります。税負担は今後も増えるばかりですから、大いに活用していきましょう。

子供といっしょにNISAしよう!

出所:ピクテ投信投資顧

全文を読む

 

[コメント]

ジュニアNISAは年80万円、非課税期間最長で5年間ですから、トータルで400万円。贈与税の基礎控除110万円の枠内に入っているので世代間での資金移動にも使えるメリットがあります。

ただ、18歳まで原則払い出しできないので、制度設計を考えると学資保険に似た部分があると捉えるとわかりやすいかと思います。

しかし、何と言っても不便なのは通常のNISAと異なり金融機関の変更ができないこと。

この点からジュニアNISAを利用する際はより最初が肝腎なので、慎重に行ったほうが良いでしょう。

ジュニアNISAを含めたNISA(ニーサ)についてはこちら(2016年、NISAはこう変わる!〜ジュニアNISAいよいよ開始〜)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!