ニュースを読み解く

2016年、新規上場(IPO)の勢いは今後も続くのか?

2016年3月16日

216views

, , , ,

03月16日

216views

, , , ,

 

 

国内の新規上場(IPO)企業数は直近5年間右肩上がりで増加しています。上場企業が増加することは株式市場に厚みをもたらすことになりますから全体としては好ましいといえます。ただ個別に見ていくと好ましいとばかりいえない部分もあります。そこで今回は2016年以降の新規上場(IPO)の勢いは直近と同様なのかを見ていきつつ新規上場(IPO)は今後どうあるべきかについて考えていきたいと思います。

 

ニュースイッチの記事によると

今年の新規上場、去年並みの100社弱を維持
ZMPやJR九州など話題企業も多く。来年以降は減る可能性も

2016年03月14日

2016年の新規株式公開(IPO)企業数は、15年と同水準の100社弱となる見通しだ。年初から、株の値動きは不安定だが「上場準備企業のマインドは変化していない」(青木英之SMBC日興証券執行役員)。17年以降は上場審査の厳格化の影響もあり、同様のペースが続くかは不透明だ。

東京証券取引所は11日までに15年と同ペースの28社の新規上場を承認した。野村証券は例年通り30社前後の主幹事獲得を見込む。SMBC日興証券の主幹事数は15年は24件だったが、16年も同程度を見込んでおり、証券各社が上場準備をする案件数は前年と同程度となりそうだ。

16年は東証マザーズに2月24日に上場した「はてな」や3月2日に上場した「バリューゴルフ」は、初値が公募価格の2倍以上となるなど好調。年内にはロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)やJR九州など、話題企業や大型銘柄の上場も見込まれる。

ただ、17年以降のIPO数は16年並みを維持するのは難しそうだ。東証は15年に発生したIPO企業による上場直後の業績下方修正問題などを受け、上場審査を厳格化した。また監査法人では監査品質向上のため期中監査を避ける動きが増えており、上場準備期間の長期化に拍車をかけているからだ。

全文を読む

 

[コメント]

新規上場(IPO)市場全体を考えれば上場企業数が一定以上あるに越したことはないですが、100社弱というのは単純計算で約3日に1社上場している計算ですからやや多すぎです。

そう考えると記事にもあるとおり2017年以降、上場審査基準の厳格化の影響もあってやや減少に転じるのは悪い傾向ではありませんね。

直近の案件を見渡しても小粒なIPOが並んでいる感がありますし。ただ、国内はマイナス金利政策(※)で負債コストが大きく下がっているわけですから、投資家のためにも本当に上場による資金調達が必要な成長性の高い企業に上場に踏み切ってもらいたいものです。

※ 円安株高に!?日本のマイナス金利政策導入の影響とは?を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

資産形成講座
資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第86回 02月24日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第87回 03月10日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第88回 03月17日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
投資入門セミナー情報

 

投資入門セミナーの近日開催日程

第79回 02月24日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第80回 03月10日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第81回 03月17日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

生命保険セミナー情報

 

生命保険セミナーの近日開催日程

第03回 03月03日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

生命保険セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナー

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの近日開催日程

第02回 03月03日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの詳細・申し込み

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!