資産運用

「酉(とり)年」の日経平均株価の推移と2017年の見通しとは?

 

 

株で資産運用をしている方、しようと考えている初心者の方は2017年の株式市場の動向が早くも気になっているのではないでしょうか?実は旧来からその年の干支(えと)に応じた相場格言というものがあります。2017年は酉(とり)年です。今回は過去の酉年の日経平均株価の推移を追いながら2017の見通しについてお話していきます。

 

株で資産運用
2017年「酉(とり)年」の相場格言は?

まず、旧来からいわれているすべての干支(えと)の相場格言は以下の通りになります。

「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」

これを見ると、2016年は申(さる)年ですから、”騒ぐ”年だったわけです。

たしかに2016年は年頭から中国発の世界同時株安で波乱の幕開け、2月には1月末に日銀が導入決定したマイナス金利政策開始、年半ば、6月には英国が国民投票でEUからの離脱を決定(Brexit)、11月には大方の前評判を覆して米国の大統領選はトランプ候補勝利と話題に事欠かない騒がしい年だったといえるでしょう。

これに伴って年間を通して株価は上下に激しく動くこととなりました。

さて、それでは2017年「酉(とり)年」はどうでしょうか?

”申酉(さるとり)騒ぐ”とありますから、2017年「酉(とり)年」も”騒ぐ”年となります。

つまり、2016年に続いて2017年も相場の変動が大きく、一面としてはチャンスといえますが、値動きが荒くなりがちなので注意を要する年になる可能性が高いということです。

 

株で資産運用
過去の「酉(とり)年」の日経平均株価の推移と2017年の見通し

それでは、過去の「酉(とり)年」の株価はどうだったのでしょうか?

上がったのでしょうか?

それとも下がったのでしょうか?

1950年以降の「酉(とり)年」は、1957年、1969年、1981年、1993年、2005年の計5回です。

これらの年のそれぞれの日経平均株価の推移、年間を通しての騰落率は以下の通りになります。

 

過去の酉(とり)年の日経平均株価の騰落率

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-14-52-04

注:上図は各年の大発会(その年の取引初日)の終値と大納会(その年の取引最終日)の終値を比較したもの

 

上図の通り、日経平均株価の年間の騰落率は、1957年 -13.6%、1969年 +36.1%、1981年 +7.4%、1993年 +2.5%、2005年 +39.9%で、4勝1敗。

1957年こそマイナスを記録していますが、その他の年は年途中で紆余曲折ありつつも終わりよければすべて良しのごとくプラスで収まっています。

こうして見ると、「酉(とり)年」の日経平均株価の推移は概ね良好といえるかもしれません。

それでは、次の「酉(とり)年」、2017年の日経平均株価の見通しはどう予想できるでしょうか?

2017年は年明けから米国でトランプ次期大統領の新政権がスタートします。

直近の市場動向は世界的にトランプ氏の一挙手一投足に注目し、トランプ新政権で想定される経済政策(トランプノミクス)を期待先行で織り込む形で推移しているといって良いでしょう。

これが2017年は年明け早々から現実の動きとして出てくるわけですから、この動向次第で市場の値動きは大きく影響される可能性が高いといえます。

また、欧州では2016年6月に国民投票でEU離脱を決定した英国が2017年3月までにEUに対して離脱を通知し、離脱交渉が開始される見込みとなっていますし、3月 オランダ議会選挙、4〜5月 フランス大統領選挙、6月 フランス議会選挙、8〜10月 ドイツ議会選挙と欧州各国の政治日程が詰まっています。

Brexitに影響される形で欧州各国の中にはEUやユーロに対して懐疑的であったり、離脱を望む声が高まっていていますので、これを提言する各国の政党が選挙で勝利するようなことがあれば欧州市場が混乱に陥るなどということもあるかもしれません。

こう見ていくと、2017年は酉(とり)年の相場格言通り騒がしくなる可能性が高いでしょう。

ただ、トランプノミクスが現状で想定されている路線で、大型減税やインフラ投資拡大、金融規制緩和によって経済成長とともに米長期金利上昇、ドル高の流れが形成されるのであれば、日本にとっては円安になるとともに日経平均株価は上昇傾向となる可能性はあります。

期待を込めて現状で2017年の日経平均株価は結果的に上昇すると予想しておきましょう。

もちろん、来年の事を言えば鬼が笑うかもしれませんので、あくまでもご参考までにといったところですが。

 

 

資産形成講座
資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第86回 02月24日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第87回 03月10日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第88回 03月17日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
投資入門セミナー情報

 

投資入門セミナーの近日開催日程

第79回 02月24日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第80回 03月10日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第81回 03月17日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

生命保険セミナー情報

 

生命保険セミナーの近日開催日程

第03回 03月03日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

生命保険セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナー

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの近日開催日程

第02回 03月03日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの詳細・申し込み

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!