資産形成

20代で最も重要視すべきは資産形成ではない!?

2017年7月23日

660views

, , ,

 

 

早期から資産形成についての考え方や方法を学び実践するのは素晴らしいことに違いありません。しかし物事にはその時々に応じて何を優先すべきか順序というものがあります。とくに20代の方に貯蓄や投資といった資産形成よりも重要視して実践していただきたいこと。今回はこれについてお話ししていきましょう。

 

前の記事:「資産形成=投資」と考えてはいけない理由

 

20代の方が貯蓄や投資といった資産形成方法の実践よりも重要視すべきは◯◯◯◯!

最初に答えからお伝えしてしまいましょう。

20代の方が貯蓄や投資といった資産形成方法の実践よりも重要視すべきこと。

それは自己投資です。

自己投資とは文字通り自分に投資すること、もう少し具体的にいうと将来の収入を増やすために現在の収入と支出の差額を貯蓄に回さずに自分への投資に回すことを指します。

たとえば現在の仕事のスキルアップを図るために関連する資格を取得すること等がこれに当たります。

ただ、自己投資と一口にいっても幅広く捉えられるものになりますので、資格取得といった目に見える形のものに限定する必要はありません。

要は将来の収入を増やすという目的に適ったものでありさえすれば良いと柔軟にお考えください。

一つだけ注意点を挙げるとすれば、自分磨きと称して華美に着飾ったり、あるいは人脈作りと称して無闇に飲み歩いたりといったことは投資ではなく単なる浪費になってしまいますので、たまの息抜きとしては否定はしませんが、自己投資とは明確に区別する必要があるということです。

それではなぜとくに20代の方は貯蓄や投資といった資産形成方法の実践よりも自己投資を重要視すべきなのでしょうか?

資産形成の実践にあたっては収入を増やし支出を減らすことで毎月の貯蓄額を増加させ、それと同時に効率的な資産増加を図るために株式や投資信託等の金融商品への積立投資を行うことが王道の方法です。

これらのうち支出を減らす=節約は今すぐに行うことができます。

一方、収入を増やすというのは、現在のお勤め先での昇給を目指すにしても、副業や転職、起業に挑戦するにしても、一朝一夕にできることではありません。

ただ、収入を増やすことは資産形成方法のもう一つの肝である金融商品への積立投資を行うにあたって貯蓄額を増加させるために必要不可欠です。

また、収入を増やすことができれば、支出を減らすために無理な節約を行わずに済むということでもあります。

ですから、20代などの早期のうちから相応の資金と時間、労力を投じる、つまり自己投資を計画的かつ柔軟に行うことこそ、将来の収入を増やし、貯蓄や投資といった資産形成方法を円滑に実践するためにぜひ行っていただきたいわけです。

冒頭でもお伝えした通り物事にはその時々に応じて何を優先すべきか順序があるというのはこういうことです。

ここで以前の記事(※)でご紹介した年代ごとに実践することについて整理したイメージ図を参考までに以下に掲載しておきます。

※ 資産形成から資産運用へ〜初心者におすすめの目安〜を参照のこと。

 

年代ごとに実践すること〜20代は自己投資が最重要!〜

 

自己投資も資産形成同様に地道にコツコツと積み上げていくことが大切です。

できるだけ早期からご自身の将来の収入を増やすために今何ができるかを考え実行に移していってください。

 

次の記事: 30代から始める「貯蓄から資産形成へ」のおすすめ!

まとめ記事に戻る: 貯蓄から資産形成へ〜20〜40代向け貯蓄と投資の実践〜

 

<こちらもおすすめ!>

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!