資産運用

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ

 

 

地道にコツコツと少額ずつ貯蓄し、貯金が100万円以上になったら本格的に資産形成を開始しましょう。そして1000万円を超えてきたらいよいよ資産形成とともに資産運用を実施する段階に入ります。今回はこの一連の流れを実践するにあたって初心者の方におすすめの考え方や方法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
貯蓄から資産形成へ〜20〜40代向け貯蓄と投資の実践〜

 

金融庁が取り組みを強化している「貯蓄から資産形成へ」。貯蓄や投資といった資産形成、その次のステップである資産運用。これらの方法を学び実践することは20代、30代、40代といった現役世代の皆さんにとって必要不可欠です。そこでここでは初心者の方が取り掛かりやすいおすすめの方法などをまとめました。ぜひ実践にお役立てください。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
老後資金のために!50代からの資産運用で最も大事なポイント

 

50代は一般的に現役世代最後の10年であり、老後資金を目的とした資産形成と資産運用の佳境に入る年代でもあります。この年代では貯蓄や投資といった資産形成方法を継続しつつ、資産運用をより重視して実践することが必要不可欠です。そこでここでは50歳からの資産運用で最も大事なポイントについてお話ししていきます。

 

50代の資産運用はポートフォリオのリバランスが決め手!

まずは資産形成と資産運用の全体の流れをざっくり掴んでいただくために、生涯を通じた資産残高の推移のイメージをご覧いただきましょう。

 

生涯を通じた資産残高の推移

 

上図はあくまでも目安ではありますが、最も重要なのはリタイアする時点で資産残高をピークに持っていくということです。

なぜならば一般的に60代以降の老後世代は20〜50代の現役世代と比較して収入が大きく減少することが見込まれます(※1)。

※1 現実を直視せずに「資産運用は不要」と思っていませんか?を参照のこと。

これを前提とすると60代以降の老後世代は20〜50代の現役世代で資産形成や資産運用の実践によって築き上げた資産を老後資金として取り崩すことが必要となるからです。

そして冒頭でもお伝えした通り50代は現役世代最後の10年間となりますので、この期間は老後資金を目的とした資産形成と資産運用の総仕上げともいえます。

さて、それではここからは50代という現役世代最後の10年間を老後資金を目的とした資産形成と資産運用の総仕上げとして有意義に過ごすための最も重要なポイントについてお話ししていきましょう。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
60代以降、老後(高齢者)世代の資産運用で念頭に置くべきこと

 

60代以降の老後世代は20〜50代の現役世代で貯蓄や投資によって築き上げた老後資金をどのように資産運用すれば良いのでしょうか?方法論としてはポートフォリオのリバランスということになりますが、これにあたってでき得る限り失敗を避けるために念頭に置いていただきたいことが2つあります。ここではこれについてお話ししていきましょう。

 

60歳を過ぎたら考えるべきは老後資金を「いかに◯◯か、いかに◯◯か」の2つ!

まずは60代以降の老後世代における資産残高の推移のイメージをご覧いただきましょう。

 

生涯を通じた資産残高の推移

 

上図はあくまでも目安ではありますが、20〜50代の現役世代での資産形成と資産運用の実践によって現役世代最後にあたるリタイア時点で資産残高をピークに持っていったとすると、60代以降の老後世代では老後資金の取り崩しにより資産残高が減少していき、その後人生を終える時点での資産残高がご家族等に受け継ぐ相続財産となります。

ここで重要になるのが人生を終える時点までに資産残高が0となり不足が生じるという事態は避けなければならないということです。

そのためにリタイア時までに地道にコツコツと老後資金の準備をすることが必要不可欠といえるわけですが、人生90年時代(※1)と言われる現代においてはそれだけでは心許ないと言わざるを得ません。

※1 現実を直視せずに「資産運用は不要」と思っていませんか?を参照のこと。

そこで実践の必要性が出てくるのが60代以降の老後世代での資産運用です。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
金融庁も批判!資産運用で毎月分配型投資信託をおすすめしない理由

 

長らく人気を保ってきた毎月分配型投資信託もようやく少し下火になってきています。これは金融庁がその商品性の問題点を挙げたことによる影響が大きいといえます。しかしそれでもまだメリットがあるとおっしゃる初心者の方も少なくありません。そこでここでは資産運用を行う上で毎月分配型投信をおすすめしない理由を改めてお話ししていきます。

 

毎月分配型投資信託とは?毎月分配型投資信託の人気の理由とは?

毎月分配型投資信託とは、1ヵ月ごとに決算を行い、収益等の一部を収益分配金(分配金)として毎月分配する運用方針を採用している投資信託の総称です。

毎月分配型投資信託の分配金受け取りのイメージを示すと以下の通りになります。

 

毎月分配型投資信託の分配金受け取りのイメージ

 

上図のような運用方針を採用していますので、「投資信託での運用を継続しつつ、運用成果を分配金として公的年金の不足分を埋め合わせるためにも毎月こまめに受け取りたい!」といった定年退職された方等のニーズに合うように設計された商品といえます。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
金融機関がおすすめするテーマ型投資信託は避けたほうが無難なのはなぜ?

 

資産運用をする上で初心者にとって投資信託は便利ですが直近で6,000本超に上る本数からどれを選べば良いか悩ましいもの。そこで金融機関で相談すると新商品のテーマ型投資信託を勧められるということが少なくありません。しかしこれは場合によって大損を被るおそれすらあるあまりおすすめできない選択といえます。なぜでしょうか?

 

テーマ型投資信託とは?金融機関からおすすめされる理由とは?

テーマ型投資信託とはその時々に世の中で話題になっているテーマに関連する資産に的を絞って投資するタイプの投資信託の総称です。

たとえば2001年頃のBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の資産に投資するファンドや2010年頃のクラウドコンピューティング・SNSの技術に関連する企業等に投資するファンド、2012年頃のシェールガス開発に携わる企業等に投資するファンドなどがこれに該当します。

上記にあるようにテーマ型投資信託は「その時々に世の中で話題になっていること」が特徴です。

この特徴からとくに新商品のテーマ型投資信託は金融機関にとって顧客に対して販売しやすい金融商品といえます。

ここからは2016年に開催されたブラジルのリオデジャネイロ五輪を例にとって説明していきます。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
パッシブ型よりもアクティブ型投資信託の運用がうまくいかない理由

 

資産運用を行う際に初心者におすすめされやすいのがインデックスファンドやETFといったパッシブ型投資信託です。一方でアクティブ型投資信託は正直評判が芳しくありません。それはパッシブ型に比べて一部を除いたアクティブ型の運用がうまくいっていないからと言われています。それでは運用がうまくいかない原因はどこにあるのでしょうか?

 

パッシブ型投資信託とアクティブ型投資信託

パッシブ型投資信託とアクティブ型投資信託とはそれぞれパッシブ運用の投資信託、アクティブ運用の投資信託のことを指します。

それではパッシブ運用とアクティブ運用は各々にどのような意味を持ち、両者の違いは何なのでしょうか?

 

パッシブ運用とアクティブ運用の違い

 

上図のようにある特定のベンチマークに対してパッシブ運用がこれと連動する運用成果を目指す一方、アクティブ運用はこれを上回る運用成果を目指すという違いがあります。

ちなみにパッシブ型投資信託の代表的なものとして冒頭でもお伝えしたインデックスファンドやETF(上場投資信託)が挙げられます。

ここに投資対象がほぼ同一のパッシブ型投資信託とアクティブ型投資信託があったとすると、一般にベンチマークに連動するよう機械的に運用できるパッシブ型のほうが、ベンチマークを上回るために投資戦略の策定やそれに基づいた投資対象の選定など運用に手間暇がかかるアクティブ型よりも、買付手数料や信託報酬などのコストが安く済みます。

ただ、そもそもアクティブ型はベンチマークを上回る運用成果を出すために手間暇をかけており、それがパッシブ型と比べて相対的にコスト高となるわけですから、本来はパッシブ型とアクティブ型でどちらが有利とはいえないはずです。

そうであるにもかかわらず、現実は冒頭にお伝えした通り一部のアクティブ型を除いてパッシブ型優位の運用成果が続いています。

そして、そうであるが故にアクティブ型投資信託の評判は総じてお世辞にも良いとはいえないわけです。

それではなぜこのような状況になってしまっているのでしょうか?

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
初心者が誤解しがちな資産運用におけるリスクとリターンの意味

 

資産運用を行うにあたって分散投資がおすすめというのはよく聞く話です。しかし分散投資を評価する上で前提となるリスクとリターンの意味を正しく理解できていない初心者の方が少なくありません。そこでここでは資産運用におけるリスクとリターンの意味について代表的な金融商品の種類のリスクリターンを比較しつつお話ししていきます。

 

資産運用におけるリスクとリターンの本当の意味とは?

分散投資は以下の図にあるように「卵は一つのカゴに盛るな!」の発想から生まれました。

 

卵は一つのカゴに盛るな!

 

分散投資とは正反対の集中投資は卵(=資金)を一つのカゴ(=金融商品)に乗せておくようなもので、これではカゴを落とした瞬間に卵がすべて割れてしまいかねません。

そこで分散投資をすることで卵を複数のカゴに乗せておくことで一つのカゴを落としてもすべての卵が割れてしまうリスクを回避できるようにしたというわけです。

ここでリスクという言葉が出てきました。

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

初心者向け100万円からの資産形成と資産運用のおすすめ
メリットだけでなくデメリットにも目を向けるべき分散投資

 

巷間で分散投資のメリットが喧伝され資産運用をする上で最重要と言われることが少なくありません。その証拠に各金融機関はバランス型ファンドやファンドラップといった国際分散投資を運用の主軸とする投資信託等の販売に熱心に取り組んでいます。しかし初心者にとって分散投資は本当に効果的でデメリットのないおすすめの方法なのでしょうか?

 

資産運用における分散投資のメリットとは?

分散投資のメリットについて考えるにあたってまずは資産運用におけるリスクとリターンの意味を正しく理解しておく必要があります。

資産運用におけるリスクとは一般的に使われている「危険性」ではなく「不確実性」を指します。

このリスク=不確実性は具体的には「収益」を意味するリターンの振れ幅のことであり、各金融商品の過去の運用実績に基づいて数値化(定量化)できるものです。

これを把握した上で分散投資のメリット、分散投資にはどのような効果が期待できるかについて例を出しながら説明していきます。

ここに以下のような日本と日本以外の先進国、新興国の株式と債券に均等分散するバランス型ファンド(投資信託)があったとします。

 

バランス型ファンド(投資信託)のイメージ

 

このバランス型ファンドはどの程度の運用パフォーマンスが期待できるでしょうか?

続きを読む

投資について今すぐ学んで実践したい初心者の方はこちら

 

*目次

【第1回】貯蓄から資産形成へ〜20〜40代向け貯蓄と投資の実践〜

【第2回】老後資金のために!50代からの資産運用で最も大事なポイント

【第3回】60代以降、老後(高齢者)世代の資産運用で念頭に置くべきこと

【第4回】金融庁も批判!資産運用で毎月分配型投資信託をおすすめしない理由

【第5回】金融機関がおすすめするテーマ型投資信託は避けたほうが無難なのはなぜ?

【第6回】パッシブ型よりもアクティブ型投資信託の運用がうまくいかない理由

【第7回】初心者が誤解しがちな資産運用におけるリスクとリターンの意味

【第8回】メリットだけでなくデメリットにも目を向けるべき分散投資

 

投資入門セミナー(東京/無料)の日程確認・申し込み

13340508_1034603506594394_936420528_o

※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

以下に必須事項を選択あるいは記入の上、「セミナー申し込み」ボタンをクリックしてください。

※ お申し込み後2〜3日以内に受講受付の確認メールをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。万が一届かない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。

セミナー参加日程 (必須)

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

備考

 

 

資産形成講座
資産形成セミナー(東京/無料)情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第89回 04月14日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了【満席】

第90回 05月12日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
投資入門セミナー(東京/無料)情報

 

投資入門セミナーの近日開催日程

第82回 04月14日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了【満席】

第83回 05月12日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第84回 05月19日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

よくわかる生命保険の選び方セミナー(東京/無料)情報

 

よくわかる生命保険の選び方セミナーの近日開催日程

第04回 04月21日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

よくわかる生命保険の選び方セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

NISAを徹底活用!投資信託の選び方セミナー(東京/無料)情報

 

NISAを徹底活用!投資信託の選び方セミナーの近日開催日程

第02回 04月21日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了【満席】

第03回 05月19日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

NISAを徹底活用!投資信託の選び方セミナーの詳細・申し込み

 

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナー(東京/無料)情報

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの近日開催日程

第02回 03月03日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了【満席】

住宅ローン契約者向け生命保険セミナーの詳細・申し込み

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!