資産形成

公的年金は確実に破綻するって本当?それとも嘘?

2017年11月6日

381views

, , , ,

11月06日

381views

, , , ,

 

 

「いつか公的年金は確実に破綻する」という年金崩壊のシナリオがあります。はたしてこれは本当でしょうか?それとも嘘でしょうか?また20〜50代の現役世代の方にとって老後資金対策としての資産形成は必要でしょうか?それとも不要でしょうか?ここでは公的年金制度の今後を軸にこれらについて考えていきましょう。

 

「いつか公的年金は確実に破綻する」は嘘!それはなぜか?

現在の日本は長寿、高齢化社会となり人生90年時代とも呼ばれるようになりました。

その中で長寿であることそのものが老後資金の不足を生じさせるおそれがあり、これを長生きリスクと言います。

年金はこの長生きリスクに備えるための保険です。

 

年金は「長生きリスクに備えるための保険」

厚生労働省「平成28年簡易生命表」(2016年7月27日)を基に作成

 

年金には国が運営している公的年金と民間が運営している私的年金があります。

公的年金は20以上の全国民が加入する国民年金、民間企業で働く会社員を対象とした厚生年金、国家公務員や地方公務員、私立学校の教職員を対象とした共済年金の3種類です。

一方、私的年金には企業年金確定拠出年金個人年金などがあります。

年金の仕組みは大別すると賦課方式積立方式の2つです。

 

年金の仕組み〜賦課方式と積立方式

 

上図にあるように賦課方式とは現役世代から集めた保険料を老後世代の年金給付に充てる方式のことで、公的年金の根幹を成す仕組みです。

一方、積立方式とは自分の納めた保険料を積立てておき、その積立金を運用し、将来年金として受け取る方式のことで、私的年金はこの仕組みを採用しています。

ちなみに公的年金は賦課方式が根幹を成す仕組みとしつつ、一部積立方式を採用しており、正確には修正賦課方式となっています。

ここで「いつか公的年金は確実に破綻する」という年金崩壊のシナリオが唱えられるのはこの賦課方式が関係しています。

これは端的に言えば、現在から将来にわたって人口動態が少子高齢化していく中、現役世代から集めた保険料が減少し、それに伴って老後世代の年金給付も減少の一途を辿り破綻するという論法です。

ただ、将来の人口動態は既に統計上かなりたしからしい数字がわかっています。

そして、その前提に基づいて全体として保険料=給付額となるように保険数理を用いて定期的に厳密な計算がなされています。

ですから、余程杜撰な計算や制度設計上の改悪がなされない限りは公的年金が破綻するおそれはないに等しいというわけです。

 

それでも老後資金対策としての資産形成が必要な理由

それでは「いつか公的年金は確実に破綻する」という年金崩壊のシナリオが嘘とも言えるほど起こり難いのであれば、老後資金対策としての資産形成を20〜50代の現役世代のうちに行う必要はないのでしょうか?

それは違うと考えています。

なぜならば、公的年金が将来破綻するまではいかなくても、今後の日本の人口動態から保険料負担に対する給付額の割合が低下し、公的年金だけでは老後資金を賄えない公算が大きいこともたしかだからです。

 

先細りが懸念される公的年金

総務省「国勢調査」「人口推計」、社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(出生中位・死亡中位)」を基に作成

 

上図はあくまでもイメージですが、修正賦課方式である公的年金を支える構造として1965年時点では老後世代1人に対して現役世代9.1人と胴上げ型であったのが、2012年には老後世代1人に対して現役世代2.4人と騎馬戦型となり、2050年には老後世代1人に対して現役世代1.2人と肩車型と現役世代の負担割合は増加の一途を辿ります。

ここで一例を挙げてみましょう。

 

将来の公的年金の試算

厚生労働省「平成26年度厚生年金保険・国民年金保険事業統計」を基に作成

 

上図のように夫婦2人で65〜90歳の26年間、夫婦合わせて月額21万円の公的年金を受け取り続けるとすると総額は6552万円となります。

一方で、老後の最低日常生活費は月額22万円、ゆとりある老後生活費は月額35万円とされており、これを60〜90歳の31年間支出するとします。

 

公的年金だけでゆとりある老後生活を送れるか?

(公財)生活保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査<<速報版>>」(2016年9月)を基に作成

 

この場合は上図にあるように老後の最低日常生活費の総額は8184万円となり公的年金の受け取り総額との差額は1632万円の不足、ゆとりある老後生活費の総額は1億3020万円となり公的年金の受け取り総額との差額は6468万円の不足となります。

このように場合によっては公的年金だけでは老後の最低日常生活費さえ賄うことができないおそれがあるわけです。

もちろんこれはあくまでも一例に過ぎませんが、老後の生活不安を今のうちに解消しておきたい20〜50代の現役世代の皆さんには老後資金対策としての資産形成をできるだけ早期から始めることをおすすめします。

早速老後資金対策としての資産形成を始めたいという方は主に30代を中心に20〜40代の延べ1,000名以上が受講し満足度93%と高い評価を得ている金融アドバイスのプロ・リンクス(株)が主催する無料、初心者向けの資産形成講座がございます。

当講座は知識ゼロから貯蓄方法について学ぶ資産形成セミナーと知識ゼロから投資方法について学ぶ投資入門セミナーを用意しておりますので是非ご活用ください。

 

資産形成セミナー日程の確認・申し込み

13351248_1034702443251167_1445951130_o

※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

以下に必須事項を選択あるいは記入の上、「セミナー申し込み」ボタンをクリックしてください。

※ お申し込み後2〜3日以内に受講受付の確認メールをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。万が一届かない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。

セミナー参加日程 (必須)

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

備考

 

投資入門セミナー日程の確認・申し込み

13340508_1034603506594394_936420528_o

※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

以下に必須事項を選択あるいは記入の上、「セミナー申し込み」ボタンをクリックしてください。

※ お申し込み後2〜3日以内に受講受付の確認メールをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。万が一届かない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。

セミナー参加日程 (必須)

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

備考

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第84回 01月27日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第85回 02月17日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第86回 02月24日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

投資入門セミナーの近日開催日程

第77回 01月27日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第78回 02月17日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第79回 02月24日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!