住宅ローン

住宅ローンを利用する前に知っておきたい基本用語の意味

 

 

20〜40代、とくに30、40代の皆さんの中には「そろそろマイホームを」という方もいらっしゃるでしょう。マイホーム購入に付き物といえば住宅ローンですがよくわからない言葉が並んでいて戸惑ってしまうこともしばしば。そこでここでは住宅ローン利用にあたって最低限知っておきたい基本的な用語の意味をわかりやすく説明していきます。

住宅ローン契約中、検討中の方はこちら

 

20〜40代の皆さんの「夢のマイホーム」への第一歩
住宅ローンの相談でよく耳にする「金利」とは?

住宅ローンの「金利」とは借り入れた資金に対して発生する支払わなければならない利息の割合のことです。

住宅ローンのプランでは大きく分けて固定金利変動金利があります。

 

固定金利

固定金利とは固定という名前の通り当初契約した金利が適用期間中ずっと変わらないプランのことです。

 

変動金利

変動金利とはその時々の国内全体の金利の変化に応じて一定期間ごとに金利を見直すプランのことです。

 

20〜40代の皆さんの「夢のマイホーム」への第一歩
必ず選ばなければならない2種類の住宅ローンの返済方法とは?

住宅ローンの返済方法には2種類あります。

似たような言葉ですが、その内容は全く異なるものとなっています。

 

元利均等返済

毎回の返済額(借入資金+利息)が一定になる返済方法です。

 

元金均等返済

毎回の返済額(借入資金+利息)において借入資金を毎回同じ金額ずつ返済する方法です。

 

※ 上記2つの詳細についてはまた別の記事で説明していきます。

住宅ローン契約中、検討中の方はこちら

 

20〜40代の皆さんの「夢のマイホーム」への第一歩
住宅ローン利用にあたってその他によく出てくる用語とは?

住宅ローンには他にもたくさんの専門用語が登場します。

ここからはその中でもよく出てくるものをできるだけ簡単な言葉で解説していきます。

 

繰り上げ返済

毎月の決められた返済とは別に行う返済のことです。返済期間を短縮する方法と返済額を減らす方法がありますが、共に利息の負担を軽減する効果があります。

 

金銭消費貸借契約(金消契約)

金融機関から資金を借りる際に結ぶローンの契約のことです。金融機関の担当者は略して「金消(きんしょう)契約」と呼ぶ場合があります。

 

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)

新築、中古住宅の購入や増改築時に住宅ローンを利用した場合、ローンの金利負担を減らすために国が用意してくれた制度です。ただし、住宅ローン控除を利用するためには一定の条件を満たす必要があります。

 

団体信用生命保険(団信)

契約者が返済中で死亡、高度障害状態になった場合、契約者に代わって生命保険会社が死亡保険金で住宅ローンの残高を支払ってくれるというものです。「団信(だんしん)」と略して呼ばれることが多く、住宅ローンを利用する際は加入必須となっているケースが多々見受けられます。

 

疾病保障付きローン(疾病保障特約)

通常の団体信用生命保険(団信)に加え、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になった場合にローン残高が弁済されるなどの保障がなされるローン契約(特約)です。加入する際には金利が上乗せされるのが一般的です。

 

担保

契約者がローン返済ができなくなった場合、物件(住宅)を売却して優先的に返済を受けることができる権利のことです。住宅ローンにおいては契約者が保有する不動産に対して抵当権を設定するのが一般的です。

 

連帯保証人

借主と連帯して返済義務を負う保証人のことです。この場合、連帯保証責任を負うため、金融機関が借主に請求したか、借主に資金力が残っているかにかかわらず、借主から返済がなされずに金融機関から請求を受けた時は直ちに借主に代わって返済する義務を負うことになります。

 

いかがでしょうか?

一見すると難しい用語もわかりやすい表現を使うことで多少なりとも頭に入りやすくなるかと思います。

とくに住宅ローンの利用を検討されている方はまずこれらの用語を理解することでマイホーム購入の第一歩としていただければ幸いです。

住宅ローン契約中、検討中の方はこちら

 

住宅ローン契約者向け生命保険セミナー(東京/無料)の日程確認・申し込み
〜住宅ローンを組んだ方、検討中の方がぜひ考えたほうが良い生命保険見直しのポイント〜

 

以下に必須事項を選択あるいは記入の上、「セミナー申し込み」ボタンをクリックしてください。

※ お申し込み後2〜3日以内に受講受付の確認メールをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。万が一届かない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。

セミナー参加日程 (必須)

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

備考

 

 

\資産形成.comの運営会社L!NXのLINE@はこちら/
友だち追加

 

資産形成講座
目指せ1000万円!初心者でもできる資産形成入門講座(東京/無料)

 

資産形成入門講座の近日開催日程

第94回 07月21日(土)10:30~12:30(10:00開場)受付終了

第95回 08月04日(土)10:30~12:30(10:00開場)受付終了

平日特別企画 08月22日(水)19:00~21:00(18:30開場)

第96回 08月25日(土)13:30~15:30(13:00開場)

資産形成入門講座の詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
~90分でまるわかり!~《株式・投資信託》投資入門基礎講座(東京/無料)

 

投資入門基礎講座の近日開催日程

平日特別企画 08月03日(金)19:30~21:00(19:00開場)受付終了

第88回 08月04日(土)13:30〜15:30(13:00開場)受付終了

第89回 08月25日(土)10:30~12:30(10:00開場)

平日特別企画 08月31日(金)18:00~19:30(17:30開場)

投資入門基礎講座の詳細・申し込みはこちら

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!