資産形成

資産形成のカギは「強制力」!強制的に貯蓄をする具体的な方法とは?

 

前回の記事では上手に貯蓄を続けていくために大切なことは「強制力」にあるとお伝えしました。

前回の記事はこちら「資産形成の第一歩!貯蓄をする上で大切なこととは?」

では、強制的に貯蓄をするための具体的な方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

今すぐできる!強制的に貯蓄をするということとは?

強制的に!と言われるとちょっと難しい…と思われるかもしれませんが、シンプルに考えてみましょう。

みなさんはお金を下ろすときにどうやって下ろしますか?恐らくほとんどの方は銀行やコンビニのATMへ行き、キャッシュカードを利用して下ろすのではないでしょうか?逆に言えば、キャッシュカードがなければお金を下ろすためには、銀行の窓口へ通帳と印鑑を持って行かないといけないため、一苦労ということです。つまり、

 

『銀行口座を、キャッシュカードを作らずに新しく開設し、その口座にあらかじめ決めた貯蓄したい金額を入金する』

 

ただこれだけでも、強制的に貯蓄をする仕組みの完成です。ポイントはお金を簡単に下ろすことができる環境から隔離すること。お給料の口座と貯蓄用の口座を分けている方もいると思いますが、非常に理に適っていることがわかりますね!

 

強制的に貯蓄をすることができる具体的な制度をご紹介!

他にも強制的に貯蓄ができる仕組みはたくさんあります。ここでは具体的な制度をいくつかご紹介いたします。

 

①「財産形成貯蓄制度」の活用

勤務先によっては「財産形成貯蓄制度」というものが用意されています。いわゆる「財形」と呼ばれるものです。この財形制度は、あらかじめ決めた金額をお給料から天引きして貯蓄をしてくれるというものです。気づいたらお金が貯まっていた!なんてこともある制度です。

財形について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

「10分でわかる財形貯蓄制度【まとめ】」

 

②「積立定期預金」の活用

銀行では定期預金という商品があります。定期預金とは、あらかじめ預入の期間が定められ、期間が満了する(満期)までは原則として払戻ができない預金のことです。(満期前に解約することもできますが、金利がつかないなどのデメリットがあります。)その分金利が普通預金よりも高めに設定されているのが一般的です。

その定期預金に決めたお金を毎月積み立てていく、これも立派な強制的に貯蓄をする仕組みです。月々1,000円からできる銀行もありますが、銀行ごとに商品概要が少しずつ異なりますので注意が必要です。

 

③「貯蓄型生命保険」の活用

貯蓄型の生命保険についても、毎月保険料が引き落としされる(クレジットカードでの支払いも可能です)という点では強制的に貯蓄ができる仕組みの商品と言えるでしょう。

生命保険といっても様々な種類がありますので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

「生命保険は大きく分けて4種類!タイプ別にわかりやすく解説」

 

④「DC(確定拠出年金)制度」の活用

勤務先によってはDC(確定拠出年金)制度が用意されているところもあります。これも一種強制的に貯蓄をしていく制度なのですが、勤務先に用意されていない方もご安心ください。このDCという制度には個人型確定拠出年金というものも用意されています。『iDeCo』と言い換えれば聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確定拠出年金制度について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

「まずは制度を知ろう!確定拠出年金(401k)」

 

いかがでしょうか?それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分にあったものをしっかりと選ぶ必要がありそうですね。

弊社では無料で『資産形成入門講座』や『投資入門基礎講座』を実施しております。どれが自分に合ったものなのか知りたいという方は、一度足を運んでいただければ幸いです。

 

\資産形成.comの運営会社L!NXのLINE@はこちら/
友だち追加

 

資産形成講座
目指せ1000万円!初心者でもできる資産形成入門講座(東京/無料)

資産形成入門講座の近日開催日程

第121回 11月09日(土)13:30~15:30(13:00開場)開催終了

資産形成入門講座の詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
~90分でまるわかり!~《株式・投資信託》投資入門基礎講座(東京/無料)

投資入門基礎講座の近日開催日程

第112回  10月12日(土)13:30~15:30(13:00開場)開催終了

投資入門基礎講座の詳細・申し込みはこちら

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

【法人情報等】
リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号

所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!