ケガの治療費を補償してくれる傷害保険とは?補償内容や種類についてわかりやすく解説

損害保険の1つに傷害保険というものがあります。生命保険会社が取り扱っている医療保険については、加入されている方も多いため馴染みのある方も多いと思いますが、損害保険会社が取り扱っている傷害保険というものには、あまりピンと来ない方が多いかもしれませんね。

当記事では、傷害保険の補償内容や種類について解説していきたいと思います。生命保険との違いを理解することで、過不足のない補償を得られるようにしましょう。

傷害保険とは?

傷害保険とは、損害保険会社が取り扱いをしている、万一の事故などによる「ケガ」に対する保険です。日常生活におけるさまざまな事故によってケガをし、医師の治療が発生した場合や、死亡・高度障害状態になった場合に補償がなされるものになります。

つまり、傷害保険はケガを対象にした保険であり、病気などは対象としていないため、病気に対する保障が必要な場合は、生命保険会社の医療保険に加入する必要がある点に注意しましょう。

傷害保険の保険金の支払い対象となる「ケガ」とは?

傷害保険の保険金の支払い対象となる「ケガ」とは、「急激かつ偶然な(故意ではない)外来の(内発的でない)事故」によってケガをした場合と定義されています。

この「急激」、「偶然」、「外来」の3要件をすべて満たしているかどうかで、 傷害保険の保険金のお支払い対象になるかどうかを判断します。自分では避けられない事故などに巻き込まれて、ケガを負ったことをケガと定義しています。傷害保険では、自らの意思や予想できたことによってケガをした場合は、ケガとみなされませんので、注意が必要になります。

傷害保険と医療保険の違いとは?

医療保険には加入しているけれど、傷害保険には加入していないという方も多いと思いますので、ここでは医療保険との違いを見ていくことにしましょう。

補償対象が異なる

医療保険は病気やケガによる入院・手術に対する保障です。医療保険ではただケガをして通院をしただけでは保険金を受け取ることが出来ず、入院を伴うものであることが保険金を受け取るための条件になります。

一方、傷害保険は、ケガに特化した保険であるため、病気は補償されません。しかし、入院を受け取りの条件とはしていないため、ケガの治療のために通院をしたという場合でも保険金を受け取ることが可能です。

保険料の決まり方が異なる

医療保険については、年齢や性別によって保険料が異なります。一般的には、年齢が若い人ほど保険料は安くなりますし、性別によっても病気の罹患率が異なるため保険料が異なります。

一方、傷害保険については、年齢や性別によって保険料が異なるということはありません。年齢や性別によってケガをしやすいというわけではないためです。傷害保険では職業によって保険料が異なります。危険な職業についている人の方がケガをしやすいため、職業によって保険料が異なるということになります。

傷害保険の種類

傷害保険にもさまざまな種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

普通傷害保険・家族傷害保険

国内・国外を問わず、日常生活で起こる傷害を補償する保険です。業務中の傷害についても補償の対象となります。

家族傷害保険は、補償内容は普通傷害保険と同じで、1つの契約で家族全員の傷害を補償する保険です。ここでいう家族とは、「本人」「配偶者」「生計を一にする同居家族」「生計を一にする別居の未婚の子」となります。

交通事故傷害保険・ファミリー交通事故傷害保険

国内・国外で起きた交通事故、建物や乗り物の火災などによる傷害を補償する保険です。こちらの保険は職業による保険料の差はなく、一律して同じ保険料になります。

ファミリー交通事故傷害保険は、保障内容は交通事故傷害保険と同じで、1つの契約で家族全員が補償されるタイプの保険です。家族の範囲は、家族傷害保険と同様です。

国内旅行保険・海外旅行保険

旅行のために自宅を出てから、帰宅するまでの間に被った傷害をカバーする保険です。 細菌性・ウイルス性食中毒も補償の対象となります。

まとめ

傷害保険は、損害保険会社が取り扱いをしている、ケガの補償に特化した保険です。日常生活の様々な事故によるケガを補償してくれる保険ですが、生命保険会社が取り扱いをしている医療保険とは保障の範囲が異なります。

スポーツをされる方や、ケガを手厚く補償したい場合に有効なのが傷害保険です。様々な種類がありますが、ご自身に足りない部分があれば加入を検討してみてはいかがでしょうか?

ご留意事項

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

個人情報の取扱いについて

本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

法人情報等

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会