2022年度から火災保険の契約期間が最大5年に!火災保険の契約期間短縮による影響とは?

火災保険の契約には契約期間というものがあります。現状では最大で10年契約となっているのですが、2022年度以降、その期間が短縮されることになりました。

これからマイホームの購入を検討されている方や既存の契約が満期を迎える方だけでなく、現在すでに火災保険に加入している方についても知っておくべき内容だと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

なお、火災保険について詳しく知りたいからはこちらの記事からお読みください!

(参考)火災保険とは?火災保険の仕組みや補償内容、選び方をわかりやすく解説!

最大36年の契約期間が10年、そして5年へ短縮!

実は、以前は火災保険の契約期間を最長36年まで設定することができたことをご存知でしょうか?ご自宅を購入された際に長期契約の火災保険に加入された方もいらっしゃるかもしれませんね。住宅ローンの返済期間を35年で設定されることが多いため、それに対応した契約期間が設定できたのでした。

しかし、2015年10月以降にその契約期間が変更となり、現在は最長で10年までとなっています。

そして、2022年度以降は火災保険の契約期間が最大10年から5年へ短縮される見込みとなっています。

なぜ契約期間が短縮されるのか?

契約期間が最大10年に短縮された理由の1つ目としては、近年自然災害が頻繁に発生するようになり、保険会社が長期的なリスクの予測をするのが難しくなったということもあります。火災保険については、想定する以上の自然災害の被害が毎年のように発生したために値上げが続いている状況のため、火災保険の期間はせいぜい10年までにしておくのが適切だという判断のもと、10年に短縮されたのでした。

また2つ目としては、契約期間が長すぎると期間中に契約内容が建物の実態とずれてしまう可能性が大きいということです。

建物の保険金額については、保険に加入する時点で「その建物を新たに建てるにはいくら必要なのか」という金額を定めて、その値段を保険金として設定します。

しかし、建物の建設費は常に一定ではなく、資材の高騰などで高くなることもありますし、逆に下落することもあります。

もし資材の価格が高騰していれば、万が一の場合に受け取れることができる保険金額が建物を再建するのに足りなくなる可能性があり、逆に資材の価格が下落していれば、保険金額が過大になっている可能性があります。

これらのことを考慮し、36年という長期間ではなく、10年ごとに見直しをした方がよいという判断となり、10年に短縮されたのでした。

今回の10年→5年への短縮も上記記載の理由と同様の理由と考えてよいでしょう。

契約期間が5年に短縮されることによる影響とは?

それでは、契約期間が短縮されることによる影響はどのようなものがあるのか、いくつか見ていくことにしましょう。

①長期割引の割引率が小さくなる

火災保険は、長期の契約をするほど保険料が割引されるため、1年単位で契約を更新するよりも長期で契約をした方が、保険料が安くなります。つまり、最長契約期間の10年が5年に短縮されることにより割引率が小さくなるため、トータルで支払う保険料が多くなります。

②最長契約期間が短くなれば、保険料の値上げが反映されやすくなる

先ほどお話したように、昔は最長36年という契約ができたため、その間保険料が変わることはなかったのですが、現在は少なくとも10年ごとに契約を更新する必要があります。そのため、その間に火災保険が値上がりした場合は、値上げされた新しい保険料で更新をすることになります。その契約更新期間が今以上に短くなるということは、今以上に保険料の値上げが反映されやすくなるとも言えます。

③補償内容の見直しはしやすくなる

5年ごとに更新手続を行うということは、逆に言えば5年ごとに補償内容の見直しをしやすくなるということです。

先ほど記載した通り、建物の保険金額を設定する際には、保険に加入する時点で「その建物を新たに建てるにはいくら必要なのか」を決定し、その値段を保険金として設定をするため、その時その時で必要な補償額を見直しすることができるようになるとも言えるでしょう。

契約期間短縮に対する対応策としては??

それでは、これらのことを踏まえてどのような対策が考えられるのでしょうか?

これからマイホームを購入される方は10年で契約を!

まず、これからマイホームを購入されるという方は火災保険の契約期間が短縮される前であれば10年で契約をしてしまうのがよいのではないかと思います。

補償の見直しはその都度ご自身でも行うことができます。ですので、まずは割引率のことを考えると10年契約で手続をすることが最も得策かと思います。

既に火災保険に加入されている方も再加入することで10年契約にすることができる!

また、現在すでに火災保険に加入されている方についても、契約期間が5年に短縮されるまでに、現在加入している火災保険を解約して、新たに10年契約で火災保険に加入することが可能です。もし今後保険料が値上がりしたとしても、契約から10年間は保険料が変わることがなくなります。

まとめ

火災保険の契約期間が短縮されることにより、みなさんは補償内容の見直しをしやすくなった一方、保険料の値上げがより反映されやすくなります。

これからマイホームを購入される予定の方も、既に購入をされて火災保険に加入されている方も、契約期間短縮前に今一度保険内容の確認や見直しなどをしてみてもよいのではないでしょうか?

ご留意事項

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

個人情報の取扱いについて

本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

法人情報等

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会