ファンダメンタルズ分析とは?「国や企業の今の状況」を知るための分析手法の基本をわかりやすく解説!

前回は、株式分析を行う必要性についてお話いたしました。

(参考)銘柄選びの第一歩!株式投資の初心者が「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」を知っておくべき理由とは?

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」、この2つの分析のどちらが優秀ということはなく、この2つの道具を使い、様々な情報を手に入れ、総合的に判断して株式を購入する、もしくは、売却することが大事なのでしたね。

今回からは個別の分析方法について見ていくこととします。まずは、「ファンダメンタルズ分析」について、細かく見ていきましょう。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズを直訳すると「経済の基礎的要因」と出てきます。つまり、国や企業の基礎的要因、簡単に言い換えると「国や企業の今の状況」を知るための分析手法がファンダメンタルズ分析です。

株式投資をする上でファンダメンタルズはとても重要な情報です。

例えば、ある国の経済状況が良いのか悪いのか、つまり好景気か不景気か、を知ることは大変重要です。一般的に国が好景気であれば、その国で経済活動をしている企業も利益を出しやすい環境と言えます。その反対に、国が不景気であれば企業は利益を上げづらい環境であると言えます。

現在では日本の証券会社を通じて外国企業の株式を購入することも簡単にできるようになったので、シンプルに言ってしまえば、A国が不景気ならA国の会社の株を調べて買うのは控えて、好景気のB国の会社を調べる方が株価が上昇しそうな優良企業の株に巡り会えるのが早いはずです。

また、同じ国の企業でもC会社とD会社では業種も違えば、商品も異なるかもしれません。

C会社の株とD会社の株、どのような違いがあるのか?優良企業はどちらか?などを見る時もファンダメンタルズ分析は有効です。

経済動向を知るためのファンダメンタルズ指標

こういった判断をするためには、必要なファンダメンタルズを見ていきましょう。

国のファンダメンタルズ指標

国の経済動向を知りたい場合に役に立つファンダメンタルズ指標は、

(1)経済成長率 

(2)雇用統計 

(3)物価指数 

(4)失業率

(5)国際収支  等々

が代表的な国のファンダメンタルズとなります。

企業のファンダメンタルズ指標

続いて、企業のファンダメンタルズとしては、

(1)企業業績

(2)売り上げ

(3)財務状況 

(4)マーケットシェア  等々

が代表的なファンダメンタルズとなり、株式投資をする上でまずこれだけは知っておきたいファンダメンタルズ分析としては、

(1)株価収益率(PER)

(2)株価純資産倍率(PBR)

(3)株式資本利益率(ROE)

が代表的な指標となります。

※PER・PBR・ROEについての詳しい説明は、別記事説明します!

ファンダメンタルズ分析で大切なことは、今と過去を比較すること

繰り返しますが、ファンダメンタルズ分析というのは、国や企業の「今の状況」を知るために行います。そして、「今の状況は過去と比較してどうなっているのか」を調べてみることも忘れないでください。今と過去の比較は株式投資ではとても大事です。

(例)100億円の売り上げはすごいけれども…?

例えば、ある企業の「2020年12月の売り上げが2019年12月と比較して増えたのか、減ったのか」を調べてみましょう。「2020年12月の売り上げが100億円でした!」という今の情報だけを見ると、「100億円って、すごい!」って筆者の私も思ってしまいますが、それだけで株を購入するのは危険です。

もしかしたら、当該企業の「主力商品X」の前年の売り上げは300億円もあったのに、今年になって人気が無くなって売れなくなって100億円になってしまったのかもしれません。

「100億円」という数字は今年の今期の「今」の数字であることに変わりはありません(今の正しい情報です)が、前年と比較すると「300億円から200億円減ってしまった100億円」なのかも知れません。そうなると、今後は主力商品Xに変わる新商品を生み出したり、まだ商品を販売していない別の国へ進出しないと売り上げが下がっていく恐れもありますよね。今の「売り上げ100億円」という情報がどのような意味ある100億円なのかを知るためには、過去との対比をすることが重要なのです。

「ファンダメンタルズ分析」は国や企業の「今の状況」を知るための分析手法であるのと同時に、1年前の「今」、2年前の「今」として発表された過去のファンダメンタルズと比較することが大事であることを忘れないでください。

そういった意味では、「航海」でファンダメンタルズ分析を例えるなら、船の「現時点の居場所と状況」を知るための分析手法である、と表すことができます。「今ここにいる」けど、過去はどこにいたのか、過去にいた場所から今の場所に来るまでにどういう航路でここまで来て、今現在は船の帆やエンジンの調子は良いのか、乗組員は元気で今後も航海を続けることができるのか、を知ることができるイメージです。

とめ

国や企業の基礎的要因、つまり「国や企業の今の状況」を知るための分析手法がファンダメンタルズ分析です。

そして、ファンダメンタルズ分析を行う際には今と過去との比較が非常に大切だということを頭に入れておきましょう。

ご留意事項

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

個人情報の取扱いについて

本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

法人情報等

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会