【サラリーマン必見】お金がお金を生む仕組みをつくるには?

【サラリーマン必見】お金がお金を生む仕組みをつくるには?

”お金がお金を生む仕組みをつくる”とは端的にいえば”月単位(場合によっては半年や年単位あるいは不定期)で預貯金以外の金融資産にお金を積み立てていくこと”です。

では”預貯金以外の金融資産”とは何を指すのでしょうか?ということで今回はサラリーマンの方向けに、預貯金以外の金融資産を活用したお金がお金を生む仕組みについてシンプルに解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

時間を切り売りする商売から脱却

時間を切り売りする商売から脱却

お金がお金を生む仕組みを知る前に、まず知っていただきたいのが、時間を切り売りする商売への依存を少しでも減らすことです。

確かに自分で時間を切り売りして働けば、手堅く収入は得られるでしょう。しかし一般的な仕事においては時間の切り売りである以上、収入にはどうしても限界があります。

一方で”お金がお金を生む”、つまりお金に働いてもらえば、自分の時間を使うことなくお金を大きく得る可能性が増えます。

サラリーマンでも資産運用なら『お金がお金を生む』仕組みを作れる

サラリーマンでも資産運用なら『お金がお金を生む』仕組みを作れる

そこで時間の制約があるサラリーマンであれば、先程申し上げた”預貯金以外の金融資産”、つまりは株式、債券、外貨、投資信託、そして貯蓄型の保険を活用することで、お金に働いてもらう仕組みを作ることが可能です。

ただし”お金がお金を生む”と言うと、楽して稼ごうと聞こえがちですがそのような意味ではありません。”お金がお金を生む”状況を作るには元手となる資金が必要になるため、サラリーマンとしての日々の業務に専念する必要があります。

そして自身の家計における収支を黒字化させるようにし、”お金がお金を生む”仕組みを作っていく必要があるのです。

つまりは地道にコツコツと、定期的に預貯金以外の金融商品にお金を積み立てていくことが大切になります。

まとめ

以上、株式、債券、外貨、投資信託、そして貯蓄型の保険など”お金がお金を生む”仕組みについて簡単に解説しました。

なお、詳しい投資の方法については、資産形成.comにて分野別に紹介していますので、ぜひご覧になって参考にしてみてください。

それでは当記事が、あなたの資産形成に少しでも役立てば幸いです。

ご留意事項

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

個人情報の取扱いについて

本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

法人情報等

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会