SEARCH

「投資信託」の検索結果93件

  • 2019年12月28日

【資産運用】老後資金のために50代で実践すべきこととは?

  50代は一般的に現役世代最後の10年であり、老後資金を目的とした資産形成と資産運用の佳境に入る年代でもあります。この年代では貯蓄や投資といった資産形成方法を継続しつつ、資産運用をより重視して実践することが必要不可欠です。そこで今回は50 […]

  • 2019年12月28日

「40代は資産形成だけではダメ!」ってどういうこと?

  20代や30代から貯蓄や投資といった資産形成方法の実践を始めた方が40代に差し掛かった際に越えなければならない壁にぶち当たることが少なくありません。その壁とは一体何でしょうか?ヒントは資産形成の次の段階となる資産運用が関係しています。今 […]

  • 2019年12月28日

30代から始める「貯蓄から資産形成へ」のおすすめ!

  金融庁の提唱する「貯蓄から資産形成へ」。貯蓄や投資といった資産形成方法の実践を始めるべき時期は皆さんそれぞれの状況に応じて様々ですが、あえて年代別に適した時期の目安をお伝えすると「30代」が最もおすすめの年代であると私たちは考えています […]

  • 2019年12月28日

20代で最も重要視すべきは資産形成ではない!?

  早期から資産形成についての考え方や方法を学び実践するのは素晴らしいことに違いありません。しかし物事にはその時々に応じて何を優先すべきか順序というものがあります。とくに20代の方に貯蓄や投資といった資産形成よりも重要視して実践していただき […]

  • 2020年10月5日

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

  日本国内でもようやく資産形成や資産運用、投資に対して徐々に意識が向くようになってきたと感じています。ただ、その一方でこれらは何をどうすればいいかわからないと捉えられがちなのもたしか。そこでここでは初心者向けに資産形成と資産運用の基本的な考え方、お […]

  • 2019年12月28日

働き方で変わるライフワークとしての資産形成と資産運用

  これまで複数回にわたって初心者の方がとくに老後資金の確保を目的とした資産形成や資産運用を行うにあたって基本となる考え方やおすすめの方法についてご説明してきました。今回はその一区切りとして皆さんそれぞれの働き方に着目したライフワークとして […]

  • 2019年12月28日

資産運用初心者「貯蓄100万円から資産1億円にしたい!」

  前回(資産形成から資産運用へ〜初心者におすすめの目安〜)はライフワークとしての資産形成と資産運用の一連の流れをお伝えしました。ただ「まだイメージしづらい」という方もいらっしゃるかもしれません。そこでここからはある初心者の方からいただいた […]

  • 2019年12月28日

【資産形成相談】20代女性が投資を始めたきっかけとは?

  当サイト「資産形成.com」を運営するリンクス(株)は毎月資産形成や投資の初心者向け無料セミナーを開催しています。毎回20〜40代を中心に幅広い年齢層の方に受講していただいております。今回はその中からある20代の女性(※)がセミナー受講 […]

  • 2019年12月28日

株で資産運用 分散投資と集中投資、正しいのはどっち?

  株で資産運用するにあたって「投資初心者は分散投資したほうが良い」というのはよく聞く話です。たしかに分散投資をすることによるメリットはあります。それでは分散投資が正しくて、分散投資とは対極をなす集中投資は間違いなのでしょうか?今回は分散投 […]

  • 2019年12月28日

資産形成は「貯蓄から投資へ」ではうまくいかない!

  政府や金融機関等は「貯蓄から投資へ」というフレーズをよく使います。しかしとくに20〜40代の方にとっては今一つピンとこないようです。そもそも貯蓄と投資の違いは何でしょうか?「貯蓄から投資へ」とはどういうことでしょうか?そして資産形成をす […]

  • 2019年12月28日

マイナス金利に勝つ!資産運用でのポートフォリオの作り方

  資産運用においてポートフォリオをどのように組み立てるかは非常に重要です。そこで今回はマイナス金利時代にあって一定の運用成果を出すためのポートフォリオの作り方についてお話していきます。投資信託と現金の割合をシミュレーションしつつシンプルな […]

  • 2019年12月28日

マイナス金利時代の資産運用で選ぶべき金融商品の種類は?

  先回(※)はマイナス金利時代の資産運用で初心者におすすめの目標運用利回りは年3%(複利)とお伝えしました。それではこの目標運用利回りを達成するために選ぶべき金融商品の種類は何が考えられるでしょうか?今回はこの点についてとくに株式と債券の […]