CATEGORY

コラム

  • 2022年9月25日

【クリスマス特別企画】『賢者の贈り物』に学ぶお金の意味

米国の小説家オー・ヘンリーの代表作『賢者の贈り物』をご存知でしょうか? これは、クリスマスのプレゼントを買うために、自分の一番大切な宝物を手放してしまう夫婦の物語です。道徳的に示唆深い寓話ですが、改めてお金の意味を考えさせられるものでもあります。 そ […]

  • 2022年1月14日

株式投資とアノマリー〜2016年の株価を占う法則〜

  資産形成や資産運用を行う上で株式投資をしている、あるいは始めようとしている方にとって、2016年の株価動向は気にかかるところでしょう。株式市場では、月や季節、また一定の条件によって数多くのアノマリーが指摘されています。変わり種としてはT […]

  • 2022年9月25日

本多静六に学ぶ資産形成の極意〜貯金と株式投資〜

本多静六という方をご存知でしょうか? 明治〜昭和期に東京大学教授でありながら、勤倹貯蓄(※1)を旨とし、貯金と株式投資によって40代で現在の価値で約100億円もの資産を築き上げた方です。 今回は『私の財産告白』(※2)という本を紐解きつつ、氏の資産形 […]

  • 2022年9月25日

”お金を稼ぐ”にあたって最も大切なこと

資産形成の初段階である「収入と支出の差額を黒字化する」ためには、”収入を増やす”と”支出を減らす”(※)の両者を考える必要があります。 このうち”収入を増やす”、”お金を稼ぐ”というのは簡単ではありません。どうしてもすぐにお金を稼げる方法に目が行きが […]

  • 2022年9月19日

冒険投資家ジム・ロジャーズに学ぶ株式投資に成功するための秘訣

ジョージ・ソロスと立ち上げたクォンタム・ファンドにて、10年間で4200%のリターンという驚異の運用成績を残し資産運用の第一人者となった冒険投資家ジム・ロジャーズ。 今回は彼の過去の名言から株式投資における成功の秘訣を探っていきます。 【名言】ジム・ […]

  • 2022年9月19日

”投資の神様”ウォーレン・バフェットの「3つの投資ルール」とは?

”投資の神様”、”オマハの賢人”と呼ばれ日本でも有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏。 株式投資で1,000億ドルもの巨万の富を築き上げたバフェット氏ですが、彼が遵守する独自の投資ルールはたったの3つです。今回はおすすめの本とともに3つの投資ル […]

  • 2022年8月28日

”最後の相場師”是川銀蔵に学ぶ株式投資の基本原則

是銀(これぎん)こと是川銀蔵(これかわぎんぞう)という方をご存知でしょうか?数多いる日本の投資家、相場師の中でも”最後の相場師”と称された大人物です。 是川銀蔵氏は既に故人ですが、生前に株式投資を行う上での基礎、基本原則について語っています。そこで今 […]

  • 2022年9月25日

お金とは何か?〜お金の意味について考える〜

お金とは何か? あなたもお金の意味や存在意義について考えたことはあるはずですが、改めて聞かれるとふと答えが出ない方もいらっしゃるでしょう。 ただ当記事にお越しいただいたあなたは資産形成や資産運用、つまりお金を貯める、増やすことに少なからず関心をお持ち […]

  • 2022年8月28日

相場格言に学ぶ株式投資でやってはいけないこと

資産形成や資産運用を真剣に学び、実践しようと考えている皆さんにとって株式投資は避けては通れないものです。 とはいえいざ株式投資を始めてみよう、という初心者の方が陥りがちな失敗があります。そこで今回はこの株式投資初心者が陥りがちな失敗について、先人の知 […]

  • 2022年9月25日

宝くじ買うなら投資すべき!?「投資=ギャンブル」は大いなる誤解!

「投資なんてパチンコや競馬、宝くじなんかと一緒でギャンブルでしょ。どうせ損するだけだしやりたくない」とはよく耳にする言葉です。 とはいえ「投資=ギャンブル」と言えるのでしょうか? そこで今回は”投資とギャンブルの違い”についてお話していきましょう。 […]

  • 2022年9月25日

意外と多い資産形成や資産運用を勘違いする人。正しい勉強法は?

資産形成や資産運用を始めたばかりの初心者の方が陥りがちな勘違いがあります。 それは何でしょうか? ということで今回はその勘違いについてお話しつつ、初心者の方に知っておいていただきたい資産形成や資産運用の勉強方法についてお伝えしていきます。 資産形成や […]

  • 2022年9月19日

日本に金融教育が浸透しないのはなぜか?

「金融リテラシーを身につけましょう」とは近年よく声高に叫ばれているところです。 そこで金融庁や銀行、証券会社といった大手金融機関が金融教育に乗り出しています。 しかし現状として、日本で金融教育が国民一人ひとりに浸透しているかといえばまだまだと言わざる […]